メガネのホームドクター

安心してお越しいただくために

ご挨拶

おかげさまで、私どもが名古屋市北区平安通にオープンして23年目を迎える事が出来ました。これもひとえに皆様のおかげと感謝の気持ちで一杯です。

従来に増して、視力測定・ヴィジョンケアに力を入れ、さらに多彩な商品をとり揃えて、よりお客様の身近な店としてパワーアップします。

皆様のメガネのホームドクターとなるよう一層努力してまいります。

(旧店名:メガネの21平安通店)

当店の特徴

お客様に対する思い

店主である櫛田将明が、最初から最後まで責任を持って対応します。
大手チェーン店のように転勤もありませんので、いつも店主である私がお客様をお迎えします。

私の眼鏡に対する思い

メガネはアクセサリーではありません。365日、毎日身につける大切な体の一部です。100人いたら100人の見え具合・掛け具合があります。眼鏡を合わせるということは、お一人お一人の指紋に合わせるのと同じくらい精密な技術を必要とします。そしてはじめて眼鏡は体の一部となるのです。

私の視力に対する思い

何の説明もなくただ商品をご覧いただくだけではなく、お一人お一人と真剣に向き合いお悩みやを解決いたします。流れ作業ではなくお客様のお気持ちを第一に考えた優しいご対応を心がけております。

アフターケアもしっかりサポート

メガネをより長く快適にご愛用いただくために、クリーニングやかけ具合の調整などしっかりアフターケアさせていただきますので、ご購入後もご安心ください。

ご案内

臨時休業のご案内(6月)

  • ・6月30日(木)オプトメトリックセミナー出席のため、臨時休業させていただきます。

定休日変更のお知らせ

平成27年5月より定休日を変更させていただきます

【 旧 】毎週月曜日・第3木曜日
【変更後】毎週月曜日・第2金曜日
定休日を毎週月曜日と第2金曜日に変更させていただきます。よろしくお願いいたします。

NHKの健康番組で両眼視機能検査の重要性が特集されました

ためしてガッテン

ヤバイ!目の疲れ頭痛 まとめて劇的改善DX(2014年6月4日)放送
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20140604.html

★番組の中で特に重要なポイントをまとめてみました。

ポイントその1

隠れ斜視(斜位)について

隠れ斜視を初めて聞かれる方がほとんどと思いますので
隠れ斜視(斜位)と斜視、なにが違うの?
についてお話しますね。

斜視とは

眼を開けているときに眼の向きのズレが確認できる眼の事です。
眼を開けているときのズレですからわかりやすいですね。

隠れ斜視とは

正確には斜位といいます。
眼を閉じたときに眼の向きがズレてしまう眼の事を斜位といいます。
眼を開けているときは眼の向きのズレはほとんどわかりませんから、気づきにくいですね。

斜位の種類ですが、ズレる方向によりますが大まかに分けますと4種類です。

・外側に向いたり(外斜位)
・内側に向いたり(内斜位)
・上に向いたり(上斜位)
・下に向いたり(下斜位)
とさまざまです。

ためしてガッテンでは
日本人のおよそ半数の6000万人に眼の向きにズレがあると紹介されました。

モノが二重に見える症状はないものの、脳が無意識のうちに頑張って眼の向きのズレを補正しているのですが、目線のズレが大きい場合、ひどい眼精疲労や頭痛の原因になります
と、放映されました。

私もこの数字には、思わずガッテンボタンを押したい心境でした。

ポイントその2

プリズムメガネについて

隠れ斜視(斜位)を改善する方法の一つにプリズムメガネがあります。
プリズムメガネは、眼に入る光の角度を変え脳の働きを補助することで、両眼視機能をしっかり働かせることにより、疲れ目を軽減させます。

プリズムメガネを処方する勉強を専門にしているのが、欧米ではオプトメトリスト(視力のドクター)であり、日本ではまだまだ少ないですが、SSS認定眼鏡士なのです。

店主である私自身も隠れ斜視(外斜位)で、プリズムメガネを装用しています。
いままで30年以上数えきれないお客様の眼を検眼させていただいてきましたが、隠れ斜視(斜位)に気付かずに悩んでいらっしゃる方はとても多いのです。

当店では隠れ斜視(斜位)に気付かずにつらい思いをしている人にお役にたてるよう、日々検眼に力を入れています。